So-net無料ブログ作成
検索選択

<事故米転売>「浅井」社長に有罪判決 名古屋地裁(毎日新聞)

 農薬に汚染された事故米を不正に転売したなどとして、食品衛生法違反(規格外食品の販売)と有印私文書偽造・同行使の罪に問われた接着剤製造会社「浅井」(名古屋市瑞穂区)社長、浅井利憲被告(57)と法人としての同社に対する判決公判が13日、名古屋地裁であった。佐々木一夫裁判官は浅井被告に懲役2年、執行猶予5年、罰金150万円(求刑・懲役2年、罰金150万円)を、同社に求刑通り罰金150万円を言い渡した。

 判決によると、浅井被告は07年5〜8月、食品衛生法の基準0.01ppmを上回る濃度に農薬メタミドホスに汚染された中国産もち精米約390キロを1キロ50円で米穀仲介業「ノノガキ穀販」に転売した。また、07年2〜9月、事故米を転売したことの発覚を免れるため、実在する合板会社の受領書を偽造、のり製品を納品したように見せかけ、同3〜9月まで計6回、農林水産省東海農政局に提出した。

 弁護側は「犯行の主導者はノノガキ穀販側で浅井被告は加担させられた」と主張していた。【式守克史】

【関連ニュース
汚染米不正転売:浅井社長に懲役2年と罰金を求刑
汚染米不正転売:浅井社長認める 名古屋地裁初公判
事故米食用転売:懲役2年と罰金、浅井社長に求刑
事故米食用転売:検察側、懲役2年求刑 浅井社長「経営を優先」−−名古屋地裁
事故米食用転売:浅井社長、起訴内容認める−−名古屋地裁初公判

「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める?(産経新聞)
国幹会議の廃止法案提出へ=高速道建設、審議会などでチェック−国交省(時事通信)
大阪、京都など7府県「関西広域連合」基本合意(読売新聞)
<中山間地>振興へ新法…参入企業に金融支援 農水省検討(毎日新聞)
7カ月長男死なせる=教義に従い、病院行かず−殺人容疑で両親逮捕・福岡県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。