So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

逮捕の「撮り鉄」男 神戸市交通局職員だった(産経新聞)

 JRの臨時特急を撮影しようと、踏切内の線路脇にカメラの三脚を置いたとして、奈良県警西和署が鉄道営業法違反の疑いで書類送検した兵庫県尼崎市の男(50)が、神戸市交通局に勤務する市営バスの運転手だったことが7日、同署への取材で分かった。同署は当初、男の職業を「会社員」と発表していた。

 西和署によると、運転手は「いままで道路で撮っていたが、アングルがいいので踏切内に入ってしまった。今後は気をつける」と話しているという。

 送検容疑は5月9日、奈良県斑鳩町のJR関西線王寺−法隆寺間の踏切で、臨時特急の写真を撮影するために踏切内の線路脇に三脚を置いたとしている。

 野田晋哉・神戸市交通局市バス運輸サービス課長の話 「同じ交通事業に携わる者として、誠に申し訳なく遺憾。乗客とJR西日本の関係者の方々に深くおわび申し上げる」

【関連記事】
異例“撮り鉄”を立件 被害届なくても「警鐘」書類送検
撮り鉄?JRに遅れ 関西線、線路脇に三脚
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至
“ハミ鉄”出現で通勤客は大迷惑! 隣の列車に乗り込み…
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

本社・FNN合同世論調査 「無党派層」民主へ回帰(産経新聞)
<口蹄疫>篠原副農相が宮崎入り(毎日新聞)
スイッチOTC候補19成分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
北沢防衛相、哨戒艦事件で「北朝鮮を強く非難」(読売新聞)
ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介

石綿国賠訴訟、控訴断念も=国敗訴判決めぐり閣僚協議(時事通信)

 アスベスト(石綿)による元工場労働者らの健康被害について、国の不作為責任を認め損害賠償を命じた大阪地裁判決への対応をめぐり、政府は28日、関係閣僚による協議を開いた。政府内には控訴を断念すべきだとの意見もあり、近く最終判断する。
 判決は、アスベストの危険性を認識しながら、規制を怠ったとして国の責任を初めて認定。大阪府南部の泉南地域にあった工場の元労働者26人へ計約4億3500万円の賠償を命じた。
 同日は長妻昭厚生労働相ら関係閣僚が集まって対応を協議。被害者救済を優先し、控訴を見送るべきだとの意見もある一方、国が敗訴を一審で確定させるのは極めて異例のため、慎重に検討を重ねているとみられる。同相は閣議後の記者会見で「(方針は)決まっていない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<加藤一二三氏>控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ(毎日新聞)
<ノーベル平和賞>歴代受賞者が集う国際会議、広島開催決定(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
療養病床の平均在院日数、前年同月比4.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)

<ハンスト>茨城・入管センターの収容者70人、待遇改善訴え(毎日新聞)

 「牛久入管収容所問題を考える会」(茨城県つくば市)は14日、東日本入国管理センター(同県牛久市)に収容されている外国人約390人のうち男性約70人が待遇改善を求め今月10日から食事を取らないハンガーストライキを続けていることを明らかにした。同会の田中喜美子代表は記者会見で「センターの対応次第では、17日からさらに約40人がハンストに参加すると言っている」と話し、早期の仮放免実現などを訴えた。【高橋慶浩】

 同会によると、ハンストしているのは12カ国以上の男性で、ほとんどが難民認定申請者という。同会メンバー7、8人が今月12日、センターを訪れ、60人以上の収容者と面会。直接、間接的に確認できたハンスト参加者を集計したという。一方、センターは毎日新聞の取材に「ハンストは38人で始まり、14日現在で32人に減った」と述べ、参加者数に食い違いがある。

 記者会見で田中代表らはセンターの実態について、一室に5〜10人を収容し、1日数時間しか室外に出られないと指摘。入管法で仮放免にはセンター所長が定める保証金(上限300万円)が必要だが、同センターでは50万円以上を求められることが多く、保証金が用意できないために収容期間が長引くケースが多いという。

 収容者の待遇を巡っては、西日本入国管理センター(大阪府)でも3月、70人規模のハンストが10日間以上続き、「長期収容者については一定基準を設け仮放免するようにした」(同センター)という。

日本側、最終移設案を提示…日米実務者協議(読売新聞)
新荒川大橋緑地に巨大花文字「KITACITY」(産経新聞)
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言(産経新聞)
2審も掛布さんに支払い命令 大阪高裁(産経新聞)
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?(産経新聞)

「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)

 3日午前0時10分頃、茨城県那珂市田崎の市道で、同市平野、タンクローリー運転手滑川正道さん(36)の軽乗用車が大破して止まっているのを通行人が見つけ、110番した。

 滑川さんは病院に運ばれたが、首の骨を折る重傷を負った。那珂署の発表によると、現場周辺には牧場があり、滑川さんが「牛とぶつかった」と話しているほか、車にも牛のものとみられる白い体毛が多数付着していた。

横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
関越大泉JCTで5台玉突き、約6キロ渋滞(読売新聞)
将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)

「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)

「最終的には差別禁止法を」=自立支援法訴訟終結で原告と面会−鳩山首相(時事通信)

 障害者自立支援法をめぐり14地裁で計71人が起こした集団訴訟が21日午前、東京地裁の和解ですべて終結したことを受け、原告の障害者と弁護団など計約120人が同日午後、首相官邸で鳩山由紀夫首相と面会した。首相は廃止を決めた同法に代え、「最終的には障害者差別禁止法をつくりたい」と語った。
 鳩山首相は「支援法は負担を強いる厳しい法律だった。苦労を掛け、申し訳ない思いでいっぱいだ」とあいさつ。その後、原告の一人ひとりに言葉を掛け、握手を交わした。 

【関連ニュース】
自立支援法訴訟が終結=障害者ら国と和解
特別会計見直しに着手=首相が指示
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」
派遣禁止で失業させない=職業紹介を充実
予備費活用検討を指示=学校耐震化促進へ

「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)

中国潜水艦 2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は13日午前の閣議後会見で、中国の潜水艦2隻が10日、浮上した状態で7、8隻の艦船とともに沖縄本島と宮古島の間の公海を南下したと発表した。北沢防衛相は「いままでになかった事態。詳細な分析をし、我が国に対する意図があるのかないのかを含めてよく調べて対応を検討したい」と述べた。

 防衛省によると、これらの艦船は4月7〜9日、東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行を行うなどの訓練を実施したという。10日午後8時ごろ、海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」「すずなみ」が、沖縄本島の西南西約140キロの南西諸島付近を東シナ海から太平洋に向けて進む艦船を確認。中国海軍のミサイル駆逐艦2隻や潜水艦2隻など計10隻だったという。11日に沖縄南方海域で洋上補給を行ったことも確認したという。【樋岡徹也、仙石恭】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
米大統領:人民元切り上げを胡主席に要請
<特集>鳩山政権の通信簿 外交

よみがえった武田軍=山梨県〔地域〕(時事通信)
あの小野田さん、記念碑建立で故郷に錦(読売新聞)
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)

<福岡発砲>西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)

 福岡市東区東浜1の西部ガス関連会社ビルで6日夜にあった発砲事件に絡み、西部ガス北九州支社(北九州市小倉北区)に今年2月、脅迫文と銃弾が送りつけられていたことが捜査関係者への取材で分かった。同社はそのころ、北九州市若松区にLNG(液化天然ガス)の受け入れ基地の建設を発表しており、福岡県警は工事の下請け参入などを巡って暴力団とのトラブルがなかったか、捜査を進めている。

【関連記事】事件:西部ガス関連ビルに発砲

 西部ガスが北九州市若松区に建設を予定しているLNG受け入れ基地は総額700億円のビッグプロジェクトで、今年6月に着工し、14年11月の運転開始を目指している。

 建設工事の概要は2月に発表されたが、捜査関係者によると、発表と前後するころ、西部ガス北九州支社に銃弾1発と脅迫状が郵送されてきたという。

 西部ガスを巡っては、07年2月26日に北九州市小倉北区の同社北九州支社が入居予定だったビル、同月28日にも福岡市博多区千代の本社が入ったビルに銃弾が撃ち込まれた。

 一方、6日夜の発砲事件の現場となったビルは西部ガスグループの不動産管理を担う「西部ガス興商」が所有。8階建てで、西部ガスと関連会社計5社が入居している。

 県警によると、撃ち込まれた銃弾は5発とみられ、正面玄関のガラス扉を貫通し、階段に薬きょうが数個落ちていた。6日午後10時50分ごろ、従業員が発砲音を聞き、直後に黒っぽいウインドブレーカーに白いフルフェースのヘルメットを着用した人物がバイクに乗って北に走り去るのを目撃していた。県警はこの人物が銃撃したとみて行方を追っている。

【関連ニュース】
福岡発砲:西部ガス役員宅近くに数個の薬きょう
嘉麻の建設会社銃撃:怖い、住民おびえる 「子ども巻き添えが心配」 /福岡
絶て!暴力:1800人不屈の行進 暴追総決起大会 参加者3倍 北九州
絶て!暴力:「早急に発砲犯検挙を」 北九州市長、県警に「注文」 /福岡
福岡市長:独自の暴排条例、早期制定目指す /福岡

<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ(医療介護CBニュース)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
4党が原告らに解決案提示へ=総額200億円−JR不採用問題(時事通信)

「新党今週中に」与謝野氏、都知事「応援団に」(読売新聞)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相は4日午前、フジテレビの報道番組に出演し、平沼赳夫・元経済産業相と結成する新党について、「今週中に立ち上げる」と述べた。

 同番組に出演した石原慎太郎・東京都知事は「応援団になる」と新党を支援する意向を示した。

<枝野行政刷新相>「直接問題ない」 茂木氏の兼任問題(毎日新聞)
<児童虐待>施設の保育士や指導員 大阪 (毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾に新人議員も参加(毎日新聞)
<コチョウラン>所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分(毎日新聞)
<京浜東北線>工事男性が感電?…電車に遅れ、2万人に影響(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。